社宅コンシェルジュのサービスについて

賃貸物件

さらに、弊社に代行を委託することで、不動産会社との契約におけるトラブル回避(リー ガルチェック)も行えます。サービス開始にあたっては、初期導入費無料でオーダーメイ ドプランをご提案いたします。

「社宅コンシェルジュライト」との違いって?

弊社が提供しているもう一つのサービス「社宅コンシェルジュライト」とは、社宅探しをサポートするサービスです。「社宅コンシェルジュライト」は社宅管理ではなく、社 社宅条件に合致した物件のご紹介や契約手続など、システムを通じて担当部署の業務を軽減するためのサポートを提供しています。

社宅コンシェルジュライトについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

私たち「社宅コンシェルジュ」は、こんなサービスをしています。

社宅代行サービスの主な内容は以下の通りです。

本項では、わたしたちのサービスについて紹介をしていきます。

サービス1:全国対応の社宅物件管理

当社の社宅物件管理サービスは、企業様の規定に基づき、全国どこでも柔軟かつ効率的に 対応します。専属担当者が窓口を一本化し、社宅管理業務の負担を軽減し、効率を改善します。

サービス2:日本人社員および外国人材の対応

「社宅コンシェルジュ」は日本人社員の方々はもちろん、外国人材にも対応しています。 技能実習生や特定技能資格者など、多様な雇用形態に柔軟に対応し、国内外の人材をサポートします。

サービス3:オーダーメイドアウトソーシング

企業様の要望を重視し、オーダーメイドのアウトソーシングサービスを提供しています。 主なスキームとしては、①「代行方式」=契約当事者は<企業様>と、②「転貸方式」=契約当事者は<メイサービス>がございます。 ニーズに合わせた柔軟で効果的なサポートを通じて、業務効率の向上をお約束します。

サービス4:賃貸借契約管理と代理収納管理

賃貸借契約の管理や家賃の代理収納を厳格に行います。契約条件の確認やリーガルチェックを通じてトラブルを回避し、オーナー様と入居者様の信頼を築きます。 安心して不動産社宅を管理・運営できるサポートを提供します。

サービス5:利便性の高いオプショナルサービス

社宅管理業務に関連する便利なオプショナルサービスを提供します。専属担当者が一元管理することで、さらなる利便性の向上を実現します。 お客様のニーズに合わせた柔軟なサポートを提供します。

[オプショナルサービスの内容]
・社宅物件の案内
・火災保険・地震保険
・引越し手配(車・バイクOK)
・家具・家電・備品の代理購入・レンタル
・Wi-Fi機器レンタル
・近隣/設備トラブル対応
・賃料などの収納代行
・賃貸借契約管理(新規・解約・更新)
・ライフライン(水道光熱費)のおまとめ請求 ※転貸方式

サービス6:社宅管理業務システム

「社宅コンシェルジュ」の社宅管理業務システムを活用すれば、計画状況の確認や問い合わせが手軽に行えます。 効率的で透明なコミュニケーションを実現するシステムで、計画状況の確認やお問い合わせが簡単にできます。

「社宅コンシェルジュ」がおすすめな方・企業様

本項では、以下のようなお客様や企業様に社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることをおすすめします。

総務・人事部内での業務負担が大きい

「社宅コンシェルジュ」の導入は総務や人事部門が日常業務で多忙を極めている企業様におすすめです。 社宅管理に関するタスクが重なり、他の重要業務に支障をきたしている場合、社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることによって、他の業務に取り掛かる ことができます。

業務負担でかさむ残業代を削減したい

社宅管理業務が原因で、従業員の残業が増え、結果として残業代がかさんでいる企業様におすすめです。業務をアウトソーシングすることで、残業の削減とコストの低減を図ること ができるだけでなく、従業員に対して「残業」という負担を減らすことができます。

社内で賃貸借契約の専門的知識を持った人材がいない

賃貸借契約に関する専門知識を有する社員が社内におらず、適切な対応が困難な場合、専門知識を持つ外部業者に任せることで、リスクを低減できます。また、新たな知識を勉強 するという時間的コストも削減することができるのです。

リーガルチェックが大変

賃貸借契約に伴う法務的なチェックが煩雑で、適切に対応するのが難しい企業様も多いです。物件ごとに異なる条件や更新時・解約時の取り決め等、リーガルチェックは非常に慎 重にそして正確にする必要があります。
専門性の高い作業のため、「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることで、法務的リスクを減少させることができます。

契約後のトラブルやリスク管理が大変

契約締結後に発生するトラブルやリスクは多岐にわたります。例えば、入居者からのクレーム対応、設備等の修繕、賃料の支払い管理などです。これらの問題への対応には専門的な知識や迅速な対応が求められるため「社宅コンシェルジュ」の導入がおす すめです。

書類保管が大変

社宅管理には賃貸借契約書、重要事項説明書、各種覚書、更新書類、修繕履歴、支払い明細書などの多くの書類が発生します。 これらの書類を適切に保管し、かつ必要に応じて迅速に取り出すことができる状態を保つことは非常に手間がかかりますよね。 「社宅コンシ¥ェルジュ」を導入することによって、書類保管の効率化や書類の紛失や漏洩のリスクがを低減させることが可能です。

毎月の支払業務が大変

社宅の家賃支払いなど、毎月発生する支払業務は社内リソースを多く消費します。特に、複数の社宅を管理している場合、その業務負担はさらに増大します。「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることによって、業務効率化だけでなくミスの削減も期待できます。

退去後の原状回復費用に妥当性があるのか不明

社員が退去した後の原状回復費用が適切かどうかの判断は専門知識が必要です。原状回復費用は高額になりがちで、企業様にとっては原状回復費用の妥当性を証明する根拠出し業務が大きな負担となる場合があります。 「社宅コンシェルジュ」は原状回復に関する市場価格や適正価格を熟知しているため、公正な費用算出が可能です。これにより、不必要な費用の発生を防ぎ、適正な費用での原状回復が行われます。

「社宅コンシェルジュ」で業務効率と社員満足度を向上させましょう

「社宅コンシェルジュ」は、企業様の社宅管理に関する課題を解決し業務効率の向上と同時に、社員満足度の向上を目指し、ワークエンゲージメントを高めるすための強力なサポートツールです。

社宅管理業務は、契約の締結からトラブル対応、書類管理、毎月の支払い業務、そして退去後の原状回復まで、多岐にわたる細かな作業が求められます。「社宅コンシェルジュ」を利用することで、これらの煩雑な業務を一括してアウトソーシングでき、総務や人事部 門の業務負担を大幅に軽減できます。また、専門的な知識を持った外部のプロフェッショナルが対応することで、法的リスクの低減やトラブル回避が期待でき、社員の安心感も向上します。 社宅管理に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。私たちが全力でサポートいたします。効率的で信頼できる社宅管理サービスで、企業の成長と社員の満足度向上を実現しましょう。

「社宅管理が大変だ・・・」「社宅管理の煩雑な業務を軽減したい」という企業の担当者 様はぜひ本記事を参考にしてみてください。

社宅管理の業務削減・改善「社宅コンシェルジュ」

「社宅コンシェルジュ」は企業の社宅管理に関わる業務をオーダーメイドアウトソーシングで対応するサービスです。ご利用いただくことで、以下のようなメリットがあります。

・社宅管理業務の効率化、リスクマネジメント
・社宅管理業務に関する人財の負担軽減·他業務への取組が可能
・社員サービスの向上

『社宅管理業務』には、管理会社やオーナー(家主)との多岐にわたる業務が含まれており、物件ごとに異なる契約条件の確認や頻繁に取り交わす賃貸借契約書の管理など、デジ タル化による省力化が難しい点がありますよね。社宅管理業務プロセスをフルアウトソーシングすることによって、貴社の『社宅管理業務』が軽減され、業務効率が向上することが期待できるのです。

さらに、弊社に代行を委託することで、不動産会社との契約におけるトラブル回避(リー ガルチェック)も行えます。サービス開始にあたっては、初期導入費無料でオーダーメイ ドプランをご提案いたします。

「社宅コンシェルジュライト」との違いって?

弊社が提供しているもう一つのサービス「社宅コンシェルジュライト」とは、社宅探しをサポートするサービスです。「社宅コンシェルジュライト」は社宅管理ではなく、社 社宅条件に合致した物件のご紹介や契約手続など、システムを通じて担当部署の業務を軽減するためのサポートを提供しています。

社宅コンシェルジュライトについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

私たち「社宅コンシェルジュ」は、こんなサービスをしています。

社宅代行サービスの主な内容は以下の通りです。

本項では、わたしたちのサービスについて紹介をしていきます。

サービス1:全国対応の社宅物件管理

当社の社宅物件管理サービスは、企業様の規定に基づき、全国どこでも柔軟かつ効率的に 対応します。専属担当者が窓口を一本化し、社宅管理業務の負担を軽減し、効率を改善します。

サービス2:日本人社員および外国人材の対応

「社宅コンシェルジュ」は日本人社員の方々はもちろん、外国人材にも対応しています。 技能実習生や特定技能資格者など、多様な雇用形態に柔軟に対応し、国内外の人材をサポートします。

サービス3:オーダーメイドアウトソーシング

企業様の要望を重視し、オーダーメイドのアウトソーシングサービスを提供しています。 主なスキームとしては、①「代行方式」=契約当事者は<企業様>と、②「転貸方式」=契約当事者は<メイサービス>がございます。 ニーズに合わせた柔軟で効果的なサポートを通じて、業務効率の向上をお約束します。

サービス4:賃貸借契約管理と代理収納管理

賃貸借契約の管理や家賃の代理収納を厳格に行います。契約条件の確認やリーガルチェックを通じてトラブルを回避し、オーナー様と入居者様の信頼を築きます。 安心して不動産社宅を管理・運営できるサポートを提供します。

サービス5:利便性の高いオプショナルサービス

社宅管理業務に関連する便利なオプショナルサービスを提供します。専属担当者が一元管理することで、さらなる利便性の向上を実現します。 お客様のニーズに合わせた柔軟なサポートを提供します。

[オプショナルサービスの内容]
・社宅物件の案内
・火災保険・地震保険
・引越し手配(車・バイクOK)
・家具・家電・備品の代理購入・レンタル
・Wi-Fi機器レンタル
・近隣/設備トラブル対応
・賃料などの収納代行
・賃貸借契約管理(新規・解約・更新)
・ライフライン(水道光熱費)のおまとめ請求 ※転貸方式

サービス6:社宅管理業務システム

「社宅コンシェルジュ」の社宅管理業務システムを活用すれば、計画状況の確認や問い合わせが手軽に行えます。 効率的で透明なコミュニケーションを実現するシステムで、計画状況の確認やお問い合わせが簡単にできます。

「社宅コンシェルジュ」がおすすめな方・企業様

本項では、以下のようなお客様や企業様に社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることをおすすめします。

総務・人事部内での業務負担が大きい

「社宅コンシェルジュ」の導入は総務や人事部門が日常業務で多忙を極めている企業様におすすめです。 社宅管理に関するタスクが重なり、他の重要業務に支障をきたしている場合、社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることによって、他の業務に取り掛かる ことができます。

業務負担でかさむ残業代を削減したい

社宅管理業務が原因で、従業員の残業が増え、結果として残業代がかさんでいる企業様におすすめです。業務をアウトソーシングすることで、残業の削減とコストの低減を図ること ができるだけでなく、従業員に対して「残業」という負担を減らすことができます。

社内で賃貸借契約の専門的知識を持った人材がいない

賃貸借契約に関する専門知識を有する社員が社内におらず、適切な対応が困難な場合、専門知識を持つ外部業者に任せることで、リスクを低減できます。また、新たな知識を勉強 するという時間的コストも削減することができるのです。

リーガルチェックが大変

賃貸借契約に伴う法務的なチェックが煩雑で、適切に対応するのが難しい企業様も多いです。物件ごとに異なる条件や更新時・解約時の取り決め等、リーガルチェックは非常に慎 重にそして正確にする必要があります。
専門性の高い作業のため、「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることで、法務的リスクを減少させることができます。

契約後のトラブルやリスク管理が大変

契約締結後に発生するトラブルやリスクは多岐にわたります。例えば、入居者からのクレーム対応、設備等の修繕、賃料の支払い管理などです。これらの問題への対応には専門的な知識や迅速な対応が求められるため「社宅コンシェルジュ」の導入がおす すめです。

書類保管が大変

社宅管理には賃貸借契約書、重要事項説明書、各種覚書、更新書類、修繕履歴、支払い明細書などの多くの書類が発生します。 これらの書類を適切に保管し、かつ必要に応じて迅速に取り出すことができる状態を保つことは非常に手間がかかりますよね。 「社宅コンシ¥ェルジュ」を導入することによって、書類保管の効率化や書類の紛失や漏洩のリスクがを低減させることが可能です。

毎月の支払業務が大変

社宅の家賃支払いなど、毎月発生する支払業務は社内リソースを多く消費します。特に、複数の社宅を管理している場合、その業務負担はさらに増大します。「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることによって、業務効率化だけでなくミスの削減も期待できます。

退去後の原状回復費用に妥当性があるのか不明

社員が退去した後の原状回復費用が適切かどうかの判断は専門知識が必要です。原状回復費用は高額になりがちで、企業様にとっては原状回復費用の妥当性を証明する根拠出し業務が大きな負担となる場合があります。 「社宅コンシェルジュ」は原状回復に関する市場価格や適正価格を熟知しているため、公正な費用算出が可能です。これにより、不必要な費用の発生を防ぎ、適正な費用での原状回復が行われます。

「社宅コンシェルジュ」で業務効率と社員満足度を向上させましょう

「社宅コンシェルジュ」は、企業様の社宅管理に関する課題を解決し業務効率の向上と同時に、社員満足度の向上を目指し、ワークエンゲージメントを高めるすための強力なサポートツールです。

社宅管理業務は、契約の締結からトラブル対応、書類管理、毎月の支払い業務、そして退去後の原状回復まで、多岐にわたる細かな作業が求められます。「社宅コンシェルジュ」を利用することで、これらの煩雑な業務を一括してアウトソーシングでき、総務や人事部 門の業務負担を大幅に軽減できます。また、専門的な知識を持った外部のプロフェッショナルが対応することで、法的リスクの低減やトラブル回避が期待でき、社員の安心感も向上します。 社宅管理に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。私たちが全力でサポートいたします。効率的で信頼できる社宅管理サービスで、企業の成長と社員の満足度向上を実現しましょう。

「社宅管理が大変だ・・・」「社宅管理の煩雑な業務を軽減したい」という企業の担当者 様はぜひ本記事を参考にしてみてください。

社宅管理の業務削減・改善「社宅コンシェルジュ」

「社宅コンシェルジュ」は企業の社宅管理に関わる業務をオーダーメイドアウトソーシングで対応するサービスです。ご利用いただくことで、以下のようなメリットがあります。

・社宅管理業務の効率化、リスクマネジメント
・社宅管理業務に関する人財の負担軽減·他業務への取組が可能
・社員サービスの向上

『社宅管理業務』には、管理会社やオーナー(家主)との多岐にわたる業務が含まれており、物件ごとに異なる契約条件の確認や頻繁に取り交わす賃貸借契約書の管理など、デジ タル化による省力化が難しい点がありますよね。社宅管理業務プロセスをフルアウトソーシングすることによって、貴社の『社宅管理業務』が軽減され、業務効率が向上することが期待できるのです。

さらに、弊社に代行を委託することで、不動産会社との契約におけるトラブル回避(リー ガルチェック)も行えます。サービス開始にあたっては、初期導入費無料でオーダーメイ ドプランをご提案いたします。

「社宅コンシェルジュライト」との違いって?

弊社が提供しているもう一つのサービス「社宅コンシェルジュライト」とは、社宅探しをサポートするサービスです。「社宅コンシェルジュライト」は社宅管理ではなく、社 社宅条件に合致した物件のご紹介や契約手続など、システムを通じて担当部署の業務を軽減するためのサポートを提供しています。

社宅コンシェルジュライトについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

私たち「社宅コンシェルジュ」は、こんなサービスをしています。

社宅代行サービスの主な内容は以下の通りです。

本項では、わたしたちのサービスについて紹介をしていきます。

サービス1:全国対応の社宅物件管理

当社の社宅物件管理サービスは、企業様の規定に基づき、全国どこでも柔軟かつ効率的に 対応します。専属担当者が窓口を一本化し、社宅管理業務の負担を軽減し、効率を改善します。

サービス2:日本人社員および外国人材の対応

「社宅コンシェルジュ」は日本人社員の方々はもちろん、外国人材にも対応しています。 技能実習生や特定技能資格者など、多様な雇用形態に柔軟に対応し、国内外の人材をサポートします。

サービス3:オーダーメイドアウトソーシング

企業様の要望を重視し、オーダーメイドのアウトソーシングサービスを提供しています。 主なスキームとしては、①「代行方式」=契約当事者は<企業様>と、②「転貸方式」=契約当事者は<メイサービス>がございます。 ニーズに合わせた柔軟で効果的なサポートを通じて、業務効率の向上をお約束します。

サービス4:賃貸借契約管理と代理収納管理

賃貸借契約の管理や家賃の代理収納を厳格に行います。契約条件の確認やリーガルチェックを通じてトラブルを回避し、オーナー様と入居者様の信頼を築きます。 安心して不動産社宅を管理・運営できるサポートを提供します。

サービス5:利便性の高いオプショナルサービス

社宅管理業務に関連する便利なオプショナルサービスを提供します。専属担当者が一元管理することで、さらなる利便性の向上を実現します。 お客様のニーズに合わせた柔軟なサポートを提供します。

[オプショナルサービスの内容]
・社宅物件の案内
・火災保険・地震保険
・引越し手配(車・バイクOK)
・家具・家電・備品の代理購入・レンタル
・Wi-Fi機器レンタル
・近隣/設備トラブル対応
・賃料などの収納代行
・賃貸借契約管理(新規・解約・更新)
・ライフライン(水道光熱費)のおまとめ請求 ※転貸方式

サービス6:社宅管理業務システム

「社宅コンシェルジュ」の社宅管理業務システムを活用すれば、計画状況の確認や問い合わせが手軽に行えます。 効率的で透明なコミュニケーションを実現するシステムで、計画状況の確認やお問い合わせが簡単にできます。

「社宅コンシェルジュ」がおすすめな方・企業様

本項では、以下のようなお客様や企業様に社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることをおすすめします。

総務・人事部内での業務負担が大きい

「社宅コンシェルジュ」の導入は総務や人事部門が日常業務で多忙を極めている企業様におすすめです。 社宅管理に関するタスクが重なり、他の重要業務に支障をきたしている場合、社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることによって、他の業務に取り掛かる ことができます。

業務負担でかさむ残業代を削減したい

社宅管理業務が原因で、従業員の残業が増え、結果として残業代がかさんでいる企業様におすすめです。業務をアウトソーシングすることで、残業の削減とコストの低減を図ること ができるだけでなく、従業員に対して「残業」という負担を減らすことができます。

社内で賃貸借契約の専門的知識を持った人材がいない

賃貸借契約に関する専門知識を有する社員が社内におらず、適切な対応が困難な場合、専門知識を持つ外部業者に任せることで、リスクを低減できます。また、新たな知識を勉強 するという時間的コストも削減することができるのです。

リーガルチェックが大変

賃貸借契約に伴う法務的なチェックが煩雑で、適切に対応するのが難しい企業様も多いです。物件ごとに異なる条件や更新時・解約時の取り決め等、リーガルチェックは非常に慎 重にそして正確にする必要があります。
専門性の高い作業のため、「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることで、法務的リスクを減少させることができます。

契約後のトラブルやリスク管理が大変

契約締結後に発生するトラブルやリスクは多岐にわたります。例えば、入居者からのクレーム対応、設備等の修繕、賃料の支払い管理などです。これらの問題への対応には専門的な知識や迅速な対応が求められるため「社宅コンシェルジュ」の導入がおす すめです。

書類保管が大変

社宅管理には賃貸借契約書、重要事項説明書、各種覚書、更新書類、修繕履歴、支払い明細書などの多くの書類が発生します。 これらの書類を適切に保管し、かつ必要に応じて迅速に取り出すことができる状態を保つことは非常に手間がかかりますよね。 「社宅コンシ¥ェルジュ」を導入することによって、書類保管の効率化や書類の紛失や漏洩のリスクがを低減させることが可能です。

毎月の支払業務が大変

社宅の家賃支払いなど、毎月発生する支払業務は社内リソースを多く消費します。特に、複数の社宅を管理している場合、その業務負担はさらに増大します。「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることによって、業務効率化だけでなくミスの削減も期待できます。

退去後の原状回復費用に妥当性があるのか不明

社員が退去した後の原状回復費用が適切かどうかの判断は専門知識が必要です。原状回復費用は高額になりがちで、企業様にとっては原状回復費用の妥当性を証明する根拠出し業務が大きな負担となる場合があります。 「社宅コンシェルジュ」は原状回復に関する市場価格や適正価格を熟知しているため、公正な費用算出が可能です。これにより、不必要な費用の発生を防ぎ、適正な費用での原状回復が行われます。

「社宅コンシェルジュ」で業務効率と社員満足度を向上させましょう

「社宅コンシェルジュ」は、企業様の社宅管理に関する課題を解決し業務効率の向上と同時に、社員満足度の向上を目指し、ワークエンゲージメントを高めるすための強力なサポートツールです。

社宅管理業務は、契約の締結からトラブル対応、書類管理、毎月の支払い業務、そして退去後の原状回復まで、多岐にわたる細かな作業が求められます。「社宅コンシェルジュ」を利用することで、これらの煩雑な業務を一括してアウトソーシングでき、総務や人事部 門の業務負担を大幅に軽減できます。また、専門的な知識を持った外部のプロフェッショナルが対応することで、法的リスクの低減やトラブル回避が期待でき、社員の安心感も向上します。 社宅管理に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。私たちが全力でサポートいたします。効率的で信頼できる社宅管理サービスで、企業の成長と社員の満足度向上を実現しましょう。

本記事では、弊社のサービスである「社宅コンシェルジュ」をご紹介します。 社宅コンシェルジュは企業ご担当者様の『社宅管理業務』の軽減·業務効率の改善サポート するサービスです。

「社宅管理が大変だ・・・」「社宅管理の煩雑な業務を軽減したい」という企業の担当者 様はぜひ本記事を参考にしてみてください。

社宅管理の業務削減・改善「社宅コンシェルジュ」

「社宅コンシェルジュ」は企業の社宅管理に関わる業務をオーダーメイドアウトソーシングで対応するサービスです。ご利用いただくことで、以下のようなメリットがあります。

・社宅管理業務の効率化、リスクマネジメント
・社宅管理業務に関する人財の負担軽減·他業務への取組が可能
・社員サービスの向上

『社宅管理業務』には、管理会社やオーナー(家主)との多岐にわたる業務が含まれており、物件ごとに異なる契約条件の確認や頻繁に取り交わす賃貸借契約書の管理など、デジ タル化による省力化が難しい点がありますよね。社宅管理業務プロセスをフルアウトソーシングすることによって、貴社の『社宅管理業務』が軽減され、業務効率が向上することが期待できるのです。

さらに、弊社に代行を委託することで、不動産会社との契約におけるトラブル回避(リー ガルチェック)も行えます。サービス開始にあたっては、初期導入費無料でオーダーメイ ドプランをご提案いたします。

「社宅コンシェルジュライト」との違いって?

弊社が提供しているもう一つのサービス「社宅コンシェルジュライト」とは、社宅探しをサポートするサービスです。「社宅コンシェルジュライト」は社宅管理ではなく、社 社宅条件に合致した物件のご紹介や契約手続など、システムを通じて担当部署の業務を軽減するためのサポートを提供しています。

社宅コンシェルジュライトについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

私たち「社宅コンシェルジュ」は、こんなサービスをしています。

社宅代行サービスの主な内容は以下の通りです。

本項では、わたしたちのサービスについて紹介をしていきます。

サービス1:全国対応の社宅物件管理

当社の社宅物件管理サービスは、企業様の規定に基づき、全国どこでも柔軟かつ効率的に 対応します。専属担当者が窓口を一本化し、社宅管理業務の負担を軽減し、効率を改善します。

サービス2:日本人社員および外国人材の対応

「社宅コンシェルジュ」は日本人社員の方々はもちろん、外国人材にも対応しています。 技能実習生や特定技能資格者など、多様な雇用形態に柔軟に対応し、国内外の人材をサポートします。

サービス3:オーダーメイドアウトソーシング

企業様の要望を重視し、オーダーメイドのアウトソーシングサービスを提供しています。 主なスキームとしては、①「代行方式」=契約当事者は<企業様>と、②「転貸方式」=契約当事者は<メイサービス>がございます。 ニーズに合わせた柔軟で効果的なサポートを通じて、業務効率の向上をお約束します。

サービス4:賃貸借契約管理と代理収納管理

賃貸借契約の管理や家賃の代理収納を厳格に行います。契約条件の確認やリーガルチェックを通じてトラブルを回避し、オーナー様と入居者様の信頼を築きます。 安心して不動産社宅を管理・運営できるサポートを提供します。

サービス5:利便性の高いオプショナルサービス

社宅管理業務に関連する便利なオプショナルサービスを提供します。専属担当者が一元管理することで、さらなる利便性の向上を実現します。 お客様のニーズに合わせた柔軟なサポートを提供します。

[オプショナルサービスの内容]
・社宅物件の案内
・火災保険・地震保険
・引越し手配(車・バイクOK)
・家具・家電・備品の代理購入・レンタル
・Wi-Fi機器レンタル
・近隣/設備トラブル対応
・賃料などの収納代行
・賃貸借契約管理(新規・解約・更新)
・ライフライン(水道光熱費)のおまとめ請求 ※転貸方式

サービス6:社宅管理業務システム

「社宅コンシェルジュ」の社宅管理業務システムを活用すれば、計画状況の確認や問い合わせが手軽に行えます。 効率的で透明なコミュニケーションを実現するシステムで、計画状況の確認やお問い合わせが簡単にできます。

「社宅コンシェルジュ」がおすすめな方・企業様

本項では、以下のようなお客様や企業様に社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることをおすすめします。

総務・人事部内での業務負担が大きい

「社宅コンシェルジュ」の導入は総務や人事部門が日常業務で多忙を極めている企業様におすすめです。 社宅管理に関するタスクが重なり、他の重要業務に支障をきたしている場合、社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることによって、他の業務に取り掛かる ことができます。

業務負担でかさむ残業代を削減したい

社宅管理業務が原因で、従業員の残業が増え、結果として残業代がかさんでいる企業様におすすめです。業務をアウトソーシングすることで、残業の削減とコストの低減を図ること ができるだけでなく、従業員に対して「残業」という負担を減らすことができます。

社内で賃貸借契約の専門的知識を持った人材がいない

賃貸借契約に関する専門知識を有する社員が社内におらず、適切な対応が困難な場合、専門知識を持つ外部業者に任せることで、リスクを低減できます。また、新たな知識を勉強 するという時間的コストも削減することができるのです。

リーガルチェックが大変

賃貸借契約に伴う法務的なチェックが煩雑で、適切に対応するのが難しい企業様も多いです。物件ごとに異なる条件や更新時・解約時の取り決め等、リーガルチェックは非常に慎 重にそして正確にする必要があります。
専門性の高い作業のため、「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることで、法務的リスクを減少させることができます。

契約後のトラブルやリスク管理が大変

契約締結後に発生するトラブルやリスクは多岐にわたります。例えば、入居者からのクレーム対応、設備等の修繕、賃料の支払い管理などです。これらの問題への対応には専門的な知識や迅速な対応が求められるため「社宅コンシェルジュ」の導入がおす すめです。

書類保管が大変

社宅管理には賃貸借契約書、重要事項説明書、各種覚書、更新書類、修繕履歴、支払い明細書などの多くの書類が発生します。 これらの書類を適切に保管し、かつ必要に応じて迅速に取り出すことができる状態を保つことは非常に手間がかかりますよね。 「社宅コンシ¥ェルジュ」を導入することによって、書類保管の効率化や書類の紛失や漏洩のリスクがを低減させることが可能です。

毎月の支払業務が大変

社宅の家賃支払いなど、毎月発生する支払業務は社内リソースを多く消費します。特に、複数の社宅を管理している場合、その業務負担はさらに増大します。「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることによって、業務効率化だけでなくミスの削減も期待できます。

退去後の原状回復費用に妥当性があるのか不明

社員が退去した後の原状回復費用が適切かどうかの判断は専門知識が必要です。原状回復費用は高額になりがちで、企業様にとっては原状回復費用の妥当性を証明する根拠出し業務が大きな負担となる場合があります。 「社宅コンシェルジュ」は原状回復に関する市場価格や適正価格を熟知しているため、公正な費用算出が可能です。これにより、不必要な費用の発生を防ぎ、適正な費用での原状回復が行われます。

「社宅コンシェルジュ」で業務効率と社員満足度を向上させましょう

「社宅コンシェルジュ」は、企業様の社宅管理に関する課題を解決し業務効率の向上と同時に、社員満足度の向上を目指し、ワークエンゲージメントを高めるすための強力なサポートツールです。

社宅管理業務は、契約の締結からトラブル対応、書類管理、毎月の支払い業務、そして退去後の原状回復まで、多岐にわたる細かな作業が求められます。「社宅コンシェルジュ」を利用することで、これらの煩雑な業務を一括してアウトソーシングでき、総務や人事部 門の業務負担を大幅に軽減できます。また、専門的な知識を持った外部のプロフェッショナルが対応することで、法的リスクの低減やトラブル回避が期待でき、社員の安心感も向上します。 社宅管理に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。私たちが全力でサポートいたします。効率的で信頼できる社宅管理サービスで、企業の成長と社員の満足度向上を実現しましょう。

賃貸物件

本記事では、弊社のサービスである「社宅コンシェルジュ」をご紹介します。 社宅コンシェルジュは企業ご担当者様の『社宅管理業務』の軽減·業務効率の改善サポート するサービスです。

「社宅管理が大変だ・・・」「社宅管理の煩雑な業務を軽減したい」という企業の担当者 様はぜひ本記事を参考にしてみてください。

社宅管理の業務削減・改善「社宅コンシェルジュ」

「社宅コンシェルジュ」は企業の社宅管理に関わる業務をオーダーメイドアウトソーシングで対応するサービスです。ご利用いただくことで、以下のようなメリットがあります。

・社宅管理業務の効率化、リスクマネジメント
・社宅管理業務に関する人財の負担軽減·他業務への取組が可能
・社員サービスの向上

『社宅管理業務』には、管理会社やオーナー(家主)との多岐にわたる業務が含まれており、物件ごとに異なる契約条件の確認や頻繁に取り交わす賃貸借契約書の管理など、デジ タル化による省力化が難しい点がありますよね。社宅管理業務プロセスをフルアウトソーシングすることによって、貴社の『社宅管理業務』が軽減され、業務効率が向上することが期待できるのです。

さらに、弊社に代行を委託することで、不動産会社との契約におけるトラブル回避(リー ガルチェック)も行えます。サービス開始にあたっては、初期導入費無料でオーダーメイ ドプランをご提案いたします。

「社宅コンシェルジュライト」との違いって?

弊社が提供しているもう一つのサービス「社宅コンシェルジュライト」とは、社宅探しをサポートするサービスです。「社宅コンシェルジュライト」は社宅管理ではなく、社 社宅条件に合致した物件のご紹介や契約手続など、システムを通じて担当部署の業務を軽減するためのサポートを提供しています。

社宅コンシェルジュライトについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

私たち「社宅コンシェルジュ」は、こんなサービスをしています。

社宅代行サービスの主な内容は以下の通りです。

本項では、わたしたちのサービスについて紹介をしていきます。

サービス1:全国対応の社宅物件管理

当社の社宅物件管理サービスは、企業様の規定に基づき、全国どこでも柔軟かつ効率的に 対応します。専属担当者が窓口を一本化し、社宅管理業務の負担を軽減し、効率を改善します。

サービス2:日本人社員および外国人材の対応

「社宅コンシェルジュ」は日本人社員の方々はもちろん、外国人材にも対応しています。 技能実習生や特定技能資格者など、多様な雇用形態に柔軟に対応し、国内外の人材をサポートします。

サービス3:オーダーメイドアウトソーシング

企業様の要望を重視し、オーダーメイドのアウトソーシングサービスを提供しています。 主なスキームとしては、①「代行方式」=契約当事者は<企業様>と、②「転貸方式」=契約当事者は<メイサービス>がございます。 ニーズに合わせた柔軟で効果的なサポートを通じて、業務効率の向上をお約束します。

サービス4:賃貸借契約管理と代理収納管理

賃貸借契約の管理や家賃の代理収納を厳格に行います。契約条件の確認やリーガルチェックを通じてトラブルを回避し、オーナー様と入居者様の信頼を築きます。 安心して不動産社宅を管理・運営できるサポートを提供します。

サービス5:利便性の高いオプショナルサービス

社宅管理業務に関連する便利なオプショナルサービスを提供します。専属担当者が一元管理することで、さらなる利便性の向上を実現します。 お客様のニーズに合わせた柔軟なサポートを提供します。

[オプショナルサービスの内容]
・社宅物件の案内
・火災保険・地震保険
・引越し手配(車・バイクOK)
・家具・家電・備品の代理購入・レンタル
・Wi-Fi機器レンタル
・近隣/設備トラブル対応
・賃料などの収納代行
・賃貸借契約管理(新規・解約・更新)
・ライフライン(水道光熱費)のおまとめ請求 ※転貸方式

サービス6:社宅管理業務システム

「社宅コンシェルジュ」の社宅管理業務システムを活用すれば、計画状況の確認や問い合わせが手軽に行えます。 効率的で透明なコミュニケーションを実現するシステムで、計画状況の確認やお問い合わせが簡単にできます。

「社宅コンシェルジュ」がおすすめな方・企業様

本項では、以下のようなお客様や企業様に社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることをおすすめします。

総務・人事部内での業務負担が大きい

「社宅コンシェルジュ」の導入は総務や人事部門が日常業務で多忙を極めている企業様におすすめです。 社宅管理に関するタスクが重なり、他の重要業務に支障をきたしている場合、社宅管理業務プロセスをアウトソーシングすることによって、他の業務に取り掛かる ことができます。

業務負担でかさむ残業代を削減したい

社宅管理業務が原因で、従業員の残業が増え、結果として残業代がかさんでいる企業様におすすめです。業務をアウトソーシングすることで、残業の削減とコストの低減を図ること ができるだけでなく、従業員に対して「残業」という負担を減らすことができます。

社内で賃貸借契約の専門的知識を持った人材がいない

賃貸借契約に関する専門知識を有する社員が社内におらず、適切な対応が困難な場合、専門知識を持つ外部業者に任せることで、リスクを低減できます。また、新たな知識を勉強 するという時間的コストも削減することができるのです。

リーガルチェックが大変

賃貸借契約に伴う法務的なチェックが煩雑で、適切に対応するのが難しい企業様も多いです。物件ごとに異なる条件や更新時・解約時の取り決め等、リーガルチェックは非常に慎 重にそして正確にする必要があります。
専門性の高い作業のため、「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることで、法務的リスクを減少させることができます。

契約後のトラブルやリスク管理が大変

契約締結後に発生するトラブルやリスクは多岐にわたります。例えば、入居者からのクレーム対応、設備等の修繕、賃料の支払い管理などです。これらの問題への対応には専門的な知識や迅速な対応が求められるため「社宅コンシェルジュ」の導入がおす すめです。

書類保管が大変

社宅管理には賃貸借契約書、重要事項説明書、各種覚書、更新書類、修繕履歴、支払い明細書などの多くの書類が発生します。 これらの書類を適切に保管し、かつ必要に応じて迅速に取り出すことができる状態を保つことは非常に手間がかかりますよね。 「社宅コンシ¥ェルジュ」を導入することによって、書類保管の効率化や書類の紛失や漏洩のリスクがを低減させることが可能です。

毎月の支払業務が大変

社宅の家賃支払いなど、毎月発生する支払業務は社内リソースを多く消費します。特に、複数の社宅を管理している場合、その業務負担はさらに増大します。「社宅コンシェルジュ」にアウトソーシングすることによって、業務効率化だけでなくミスの削減も期待できます。

退去後の原状回復費用に妥当性があるのか不明

社員が退去した後の原状回復費用が適切かどうかの判断は専門知識が必要です。原状回復費用は高額になりがちで、企業様にとっては原状回復費用の妥当性を証明する根拠出し業務が大きな負担となる場合があります。 「社宅コンシェルジュ」は原状回復に関する市場価格や適正価格を熟知しているため、公正な費用算出が可能です。これにより、不必要な費用の発生を防ぎ、適正な費用での原状回復が行われます。

「社宅コンシェルジュ」で業務効率と社員満足度を向上させましょう

「社宅コンシェルジュ」は、企業様の社宅管理に関する課題を解決し業務効率の向上と同時に、社員満足度の向上を目指し、ワークエンゲージメントを高めるすための強力なサポートツールです。

社宅管理業務は、契約の締結からトラブル対応、書類管理、毎月の支払い業務、そして退去後の原状回復まで、多岐にわたる細かな作業が求められます。「社宅コンシェルジュ」を利用することで、これらの煩雑な業務を一括してアウトソーシングでき、総務や人事部 門の業務負担を大幅に軽減できます。また、専門的な知識を持った外部のプロフェッショナルが対応することで、法的リスクの低減やトラブル回避が期待でき、社員の安心感も向上します。 社宅管理に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。私たちが全力でサポートいたします。効率的で信頼できる社宅管理サービスで、企業の成長と社員の満足度向上を実現しましょう。

こちらの記事もどうぞ

  1. 社宅代行サービスとは?利用するメリットや選ぶポイントな…

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

052-522-7241

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日定休)

COPYRIGHT(C) MEISERVICE co.,ltd ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP