健康診断

”本音会談”「健康診断を受診しなかった場合の企業リスクって?」

Pocket

近年では、タクシーやトラック運転手が引き起こす事故が大きな問題となっています。
事故の原因には、労働環境からくる過労もありますが、なかには運転手の突然の体調不良が関連しているケースも少なくありません。
悲しい事故を引き起こさぬよう、企業としても適切な頻度で健康診断を実施する義務があります。
総務スタッフもそのことは重々承知しており、数多くの仕事を抱える身としては何とかスムーズに健康診断を実施・完了したいのが本音です。

αさん
この前、トラック運転手が運転中に失神を起こして大事故になった話聞いた?
深夜の運転業務が含まれているのにも関わらず、きちんと健康診断を受けていなかったみたい。
何だか他人事じゃない話だよね。

βさん
私もニュースで知ってビックリ!!
会社の上司も「うちは大丈夫だよね?」なんて、心配そうに聞いてきたもの。

αさん
その企業は毎年受診するよう声がけはしてたけど、全社員が実施しているかのチェックはできていなかったみたい。
社員の人数が少ないから……という事情はあれ、それはまずいよね。

βさん
企業の社会的信用はガタ落ちだから、企業によってはその後の経営にも影響しちゃう。

αさん
ちゃんと年に1回の健康診断は受診してたらしいけど、運転手だと深夜も働く可能性があるからね。

βさん
そうそう。法令で定められた運転者の健康診断は、
①雇入れ時の健康診断
②1年以内ごとに1回の定期健康診断
③半年以内ごとに1回の特定業務従事者の健康診断(深夜業に従事する者など)
が必要。
もし健康診断を受診していなかった場合、50万以下の罰金が課せられるわけだから大変なことよね。

αさん
もし、私のチェック漏れで健康診断が受診できていなくて、その社員が運転中に病気を発症して事故を起こしたら……。
そう考えると、チェックは慎重にしなきゃって思うのに、他の仕事もあるからストレスたまっちゃう。
できるだけ効率よくチェックできるサービスがあるなら使いたいわ。

βさん
業務負担軽減のためにも健康診断代行サービスを使えば、企業も総務スタッフも、そして社員にとっても安心できる職場環境になるよね。

αさん
そうそう!周りが思っているよりも時間がかかるチェック業務。アウトソーシングを使って他の仕事にも集中できる環境を整えたいわ!

 

≪まとめ≫
万が一従業員が事故を起こした場合、企業は社会的責任に追われる立場に。
さらに従業員が受診すべき健康診断を済ませていなかった場合、罰金が課せられることが法で定められています。
総務ではさまざまな仕事を抱えているため、ヒューマンエラーによって甚大なトラブルを引き起こす恐れも少なくありません。
健康診断代行サービスでは、健康診断の受診状況をシステム上で確認できるため、万一受診していなかった場合、スピーディに受診の催促ができます。
業務効率化を図ることで、社内の健康診断受診に対する啓蒙活動も積極的に行えるでしょう。
ぜひ健康診断代行サービスの導入を検討してみませんか?

 

←”本音会談”「協会けんぽの申請やその後の手続きも、健康診断代行サービスにおまかせ!」

健康診断代行サービス

健康診断のBPOに関するお問い合わせ

 

 

カテゴリートップへ戻る