健康診断

”本音会談”「何度も予約確認、さらに管理まで!煩雑な健康診断業務、みんなどうしてる?」

Pocket

健康診断は、各企業によって対象人数・内容などそれぞれ異なります。
来院で受診する場合には、対象者の業務に合わせて予約確認も必要です。一般的に、健康診断担当者は他の業務と並行しながら対応しています。その都度発生する細かな対応に、担当者が疲弊していることもよくある話。

今年も企業A・Bで健康診断業務担当となったαさんβさんのボヤキが止まりません。。。

企業Aの総務αさん(以下αさん)
今年も健康診断の予約確認、すごく時間がかかっちゃって。他の業務に支障が出るのがもう嫌!

企業Bの総務βさん(以下βさん)
うちの企業も同じ!特に営業部門は急な出張も多くて、予約した後に変更するケースもあるし。その都度予約調整する身にもなって欲しいわ!

αさん
各部署・部門以外に各個人でもスケジュールの都合があるから、全社で健康診断の予約状況を管理するのはそりゃもう大変!ただでさえ細かな業務がたくさんある総務なのに……。

βさん
地方にあるT営業所なんかは、近くに適当な病院もなくて。地域によって健診バスの手配をして欲しいとか、自分で病院に行きたいとか、それぞれの社員が言いたい放題で困っちゃう!毎年きちんと全員に受診してもらうためにも、悩みは尽きないわ。

αさん
そういえばc子が勤める企業Cでは、健康診断代行業務を利用し始めたんだって。
健康診断予約システムに受診者がアクセスして、直接受診予約や変更ができるらしい!
きちんと受診しているかどうか確認したいなら、管理サイトから対象者の受診状況を確認することもできるとか。すごく便利だと思わない?

βさん
そんなサービスがあるんだ!
もし日程確定後に変更しなきゃいけなくなっても、社員だって総務に連絡するのは気が引けることもあるだろうし。
お互いが気まずい気持ちを抱えなくて済むからいいなあ。

αさん: 確かに社員の方も、急なスケジュール変更で予約変更せざるを得ないこともあるよね。
予約システムを利用すれば、パソコン上でお互いが必要なこと・知りたいことがわかるのはすごく助かる!
いちいち連絡するのは何だか気が引けるし、「また総務から連絡か~」なんて思われなくて済むものね!

βさん
健康診断は、それほど重要性を感じていない従業員も結構いるけれど、労働安全衛生法第66条に基づいて実施する必要があるのを知らないんだよね。
総務の健康診断担当者としては、法を守って必要な対応をしなきゃいけないのに、面倒な相手だと思われているから何だか悲しい。

αさん
c子から健康診断代行業務の話を聞いていたら、もしうちでも導入したら私の悩みもだいぶ軽くなるはずだと思って。
健康診断代行業務を導入できないか、一度上司に相談してみようかと考えてるんだよね。
責任重大な業務だし漏れがあってはいけないから、上司も聞く耳を持ってくれそうな気がするの!

βさん
そうなんだ!私の企業でも話してみようかな。
仕事が楽になるだけじゃなくて、社員とのやり取りやコミュニケーションにもいいことがありそう!
何とか予算をもらって、来年度から導入してもらえないか、私も上司に頼んでみよっと!

→「病院の対応レベルがバラバラでストレスがすごく溜まるんです」

 

健康診断代行サービス

健康診断のBPOに関するお問い合わせ

 

 

カテゴリートップへ戻る